>

ホームページで予約まで完了させたい場合には

ここ数年で急激に拡大している

レンタルスペースをはじめとする「場所を共有して有効に活用するや余っている物」のサービスを、「シェアリングエコノミー」と呼ばれていますが、レンタルスペース以外でいうならば個人間での物を売買するということや、好きな時に車を借ることができるカーシェアなどが、このシェアリングエコノミーに該当するでしょう。
シェアリングエコノミーの市場は、ここ数年で急激に拡大していて、一般社団法人シェアリングエコノミー協会が公表した資料によると、その規模は2019年4月時機で1兆8,000億円以上と巨額なものになっています。
スマートフォンやインターネットが浸透して、仲介業者が多く登場したことにより、シェアリングエコノミーのような個々から個々へのサービス提供が一般的になったのです。

スペースを貸すという意味では

決済を代行してくれるなど安心して取引が可能な仕組みが出来上がり、「知らない相手とのやりとりをするのは不安」や「なにか不都合が起こるのではないか」という心配をせずに、サービスを提供が可能になったのです。
レンタルスペースにおいても某雑誌のような情報サイトが多数存在して、利用者が気軽にスペースを借ることが可能な環境が整っています。
10年後には、最大で6倍にまで規模が増加するとされ、今後も進化が続く見通しのシェアリングエコノミー市場です。
スペースを貸すという意味においては、オフィスや賃貸住宅貸しも同様なのではないでしょうか。
確かに不動産の活用方法という意味においては、レンタルスペースも賃貸と共通しているのかもしれません。


この記事をシェアする